• Toon Boom Japan、日本でサポート開始!

    Toon Boom Japan、
    日本でサポート開始!

    Toon Boom Animationは、日本のアニメーションスタジオがこれまでに受け継いできたアニメの制作手法を限りなく維持したまま、デジタル化を推進するお手伝いをします。

    日本の素晴らしいアニメ技術と、デジタルアニメーションの融合これが私たちの目指す未来です。

  • 新しくなったHarmony 16

    新しくなったHarmony 16

    創造力と効率性を、どちらも諦めたくない方へ。

    詳細
  • Storyboard Pro 6

    オールインワンの絵コンテツール

    詳細
  • Producer

    パイプラインの構築、追跡、管理

    詳細

Toon Boom Animationって、なに?

私たちToon Boomのソフトウェアは、アニメ制作に携わるすべてのアーティストをサポートします。
日本の素晴らしいペーパーアニメーションをデジタルツールでも再現していただけるよう、東京オフィスにて全力でお手伝いします!

HarmonyとStoryboard Proは、過去25年以上にわたり進化を続けてきました。
現在では、世界中の大小様々なアニメーションスタジオにご利用いただいております。

Harmony

ハーモニー

Harmony

あらゆるスタイルのアニメーション向けソフトウェア

従来のペーパーレス(フレーム・バイ・フレーム)手法からカットアウト手法まで、あらゆる手法のアニメ制作に対応したソフトウェアです。

詳しく知る

Storyboard Pro

ストーリーボードプロ

Storyboard Pro

オールインワンの絵コンテツール

描画方法やタイミング、カメラワークの指示に加え、
ビデオコンテ作成機能が搭載された、オールインワンの絵コンテツール。

詳しく知る

Producer

プロデューサー

Producer

制作進行と素材管理を一元化

アニメ制作工程における業務効率を最大化する、
制作進行管理及び素材管理のためのスタジオ向けソフトウェア。

詳しく知る

日本国内、そして世界中のスタジオにご利用いただいています

大規模なアニメ制作企業から小規模なスタジオまで、様々なスタジオに弊社のソフトウェアをご利用いただいています。
その使用範囲は、テレビアニメやゲーム、教育動画や広告など、多岐にわたります。

  • D'Art Shtajio
    東映アニメーション株式会社
    シンエイ動画株式会社
    株式会社 旭プロダクション
    株式会社デイヴィッドプロダクション
    株式会社オー・エル・エム
  • 株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム
    有限会社オレンジ
    Universal Animation Studios
    株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
    DreamWorks
    20th Century Fox Television

Toon Boomのソフトウェアが
世界中のスタジオに選ばれる3つの理由

1.

アニメーションと絵コンテの業界スタンダード

小規模スタジオからディズニー、フォックス、ワーナーブラザーズ等の大企業に至るまで、世界のアニメ制作現場の80%以上で、弊社のソフトウェアを利用していただいております。そのため、映画やテレビ、ゲーム業界など、弊社のツールを利用する海外スタジオとの協業をお考えお客様に、新たな可能性をご提供できます。

アニメーションと絵コンテの業界スタンダード
2.

品質はそのままに、もっと効率的に

制作したアニメーションと素材類は、Storyboard Pro、Harmony、Producerのそれぞれのソフト間で瞬時に共有されるため、プリプロダクションからポストプロダクションまで、スムーズに業務を進めることが出来ます。また弊社の製品は、様々な制作ツールと統合できるように設計されています。例えば、紙に描いた手描きイラストを取り込んだり、エイリアス / アンチエイリアスのラインを書き出すことも可能です。

品質はそのままに、もっと効率的に
3.

伝統的な日本のアニメ制作手法を、デジタルアニメーションで実現

Toon Boom HarmonyとStoryboard Proはデジタルアニメーションのソフトウェアですが、ペーパーアニメーションかのように仕上げる機能があります。ビットマップツールとベクトルツールを駆使してToon Boomのソフトウェアで制作されたアニメーションは、それが紙で描かれたものなのか、あるいはデジタルで描かれたものなのか、違いを見分けるのが困難な程です。

伝統的な日本のアニメ制作手法を、デジタルアニメーションで実現

Toon Boom のソフトで制作された、
D'art Shtajioのデジタルアニメーションをご紹介!

東京に新しく誕生したアニメーションスタジオD'art Shtajioは、アニメ制作のデジタル化を推進しています。
弊社がサポートさせていただき、HarmonyとStoryboard Proをご利用いただいてから、
わずか3ヶ月未満で使い方をマスターし、アニメーション作品『少女のピエロ』を制作されました。

HarmonyとStoryboard Proを利用して制作された短編作品『少女のピエロ』

Toon Boomブログ

「アバン」とは、アニメの最初に流れるアレ!結構奥深いんです!
2018年11月27日

「アバン」とは、アニメの最初に流れるアレ!結構奥深いんです!

アニメ好きの皆様は、「アバン」もしくは「アバンタイトル」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。そして、もしこの言葉を知っているという方は、なんとなく「ああ、イントロ前に流れる映像のことでしょ」くらいはご存知だと思います。...

もっと読む
「色トレス」とはなに?なんで色トレスの必要があるの?
2018年11月25日

「色トレス」とはなに?なんで色トレスの必要があるの?

「色トレス」という、アニメの業界用語があります。これは、アニメの制作現場で使われる「トレス」という言葉の関連語です。...

もっと読む
「イメージボード」とは、企画を直感的に理解させるツール!
2018年11月20日

「イメージボード」とは、企画を直感的に理解させるツール!

「イメージボード」という言葉は、デザインやクリエイティブ系の業界で結構頻繁に利用されています。そして、いろんな場面で使われるようになったからこそ、その言葉の意味は利用シーンによって少しずつ違っているようです。...

もっと読む