Harmony 16の新機能

Harmony 16を開発するにあたり、私たちは日本独自のアニメ制作方式への対応に重点を置きました。日本のアニメーターの皆様に安心してお使いいただけるよう、日本のアニメ制作で必要とされる基本性能を追加・改良した上で、デジタル化による作品品質の向上と制作効率の改善を両立しました。

日本の制作環境に最適化

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

日本の制作環境に最適化

日本の制作環境に最適化

Harmony 16では、日本語環境のデバイスで起動すると、デフォルト言語設定が日本語になります。これにより、日本での制作業務に必要な機能が、以前よりずっと見つけやすくなりました。また、特に日本で利用される次の機能はデフォルトでオンに設定されます。

  • 日本語(2バイト文字)の利用

  • 3コマ打ち

  • タイムシートツールバー

日本の制作環境に最適化

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

タイムシートの機能向上

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

タイムシートの機能向上

タイムシートの機能向上

今回のバージョンアップにより、Harmony 16には日本のタイムシートに必要とされる次のような機能が組み込まれました。

  • アクション列とセル列が含まれます

  • キーフレームや中割り、空セルにシルシが付けられます

  • カメラワークの記入ができます

  • 日本で一般的に使われるタイムシートデザインのまま、PDFへの書き出しが可能です

  • アクション列の内容から、セル列が自動生成されます

  • 3コマ打ちに自動設定されます

  • 24コマ毎にテンポマーカーが付きます

カメラビュー内でタップ割り

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

カメラビュー内でタップ割り

カメラビュー内でタップ割り

Harmony 16のカメラビュー内には、新しくタップ割りモードが追加されました。この新機能がアニメーターにとって使い勝手の良い場所に搭載されたことにより、動画の品質を高いレベルで保ちながら制作時間を短縮することができます。

カメラビュー内でタップ割り

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

Harmony 16のオニオンスキン機能

Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

Harmony 16のオニオンスキン機能

Harmony 16のオニオンスキン機能

新しいオニオンスキンビュー

Harmony 16では、オニオンスキンツールやこれを制御する不透明度スライダーなどの新機能が、ひとつのウィンドウに統合されています。これによりアニメーターは、手元の作業に集中することができます。

オニオンスキンの不透明度変更スライダー

オニオンスキン内に新搭載されたスライダー機能で、トレースの効率が格段に上がります。各素材の不透明度は個別に調整できる他、まとめて調整することも可能です。

高度オニオンスキン

アニメーションを微調整したり破綻なく動かすためには、高度オニオンスキンをアクティベートして、前後に表示したい描画を選択してください。全ての描画やコマの中から必要なものだけを表示することが可能です。

複数のコマを、素早く調整する機能

すべてのエディションで利用可能な機能

複数のコマを、素早く調整する機能

複数のコマを、素早く調整する機能

複数のコマに渡ってキャラクターやプロップを修正しなければならない。そんな時に素早く対応できるよう、ふたつの新機能がHarmonyに搭載されました。

オニオンスキンの範囲に適用

素早く修正するために、この新機能もお使いください。オニオンスキンを使用して、描画、もしくは変更したい素材を選択してください。ペイントツールと選択ツールを使って変更を適用すると、複数コマにわたる選択内容が一瞬で修正されます。

オニオンスキンの範囲をアニメーション化

この新機能が、複数コマに渡るキャラクターやプロップ、ポーズの手動修正を高速化します。素材を選択し、オニオンスキンでコマを決定、そして修正。たったそれだけ!

複数のコマを、素早く調整する機能

すべてのエディションで利用可能な機能

簡単な描画素材差し替え機能

すべてのエディションで利用可能な機能

簡単な描画素材差し替え機能

簡単な描画素材差し替え機能

カットアウトリグ内にあらかじめ差し替え素材を多数含めておき、動画工程で素材を素早く差し替えることができます。Harmony 16の新しい代替描画ビューでは、選択されたレイヤーのすべての描画素材がサムネイル表示されるようになりました。

更に簡単になったデフォーマ編集

Harmony Premiumのみで利用可能な機能

更に簡単になったデフォーマ編集

更に簡単になったデフォーマ編集

一度の操作で、カーブまたはエンベロープデフォーマの複数の点を選択し、その形状を変更可能です。そして、ポイントを微調整して正確な位置決めを行うことができます。

更に簡単になったデフォーマ編集

Harmony Premiumのみで利用可能な機能

ノードビューの改善

Harmony Premiumのみで利用可能な機能

ノードビューの改善

ノードビューの改善

Harmony 16では、整理されていて理解しやすいノードグラフを、簡単に作成できるようになりました。この誰にでもわかりやすいノードグラフにより、ワークフローは合理的になります。

重要な点:

  • ノードは自動的に整列し、ノードを繋ぐ線は直線的に見やすくなります

  • 複数のノードを選択して、既存もしくは新規のコンポジットに繋げられます

  • キーボードの矢印を使用して、ノードの位置を微調整できます

  • ノードを繋ぐ線の管理をするために、新しく中間地点を使用してノード同士を接続できます

  • キーボードの矢印を使用して、ノードグラフの確認が手軽に行えます

進化したマスターコントローラー

Harmony Premiumのみで利用可能な機能

進化したマスターコントローラー

進化したマスターコントローラー

より良い使用感を実現するために、マスターコントローラーも改善されました。この改善により、アニメーターやリガーがこの強力なツールを採用しやすくなりました。 Harmony 16には、あらかじめパッケージ化されたマスターコントローラー・セットアップウィザードが付属しており、スクリプティングの必要はありません。

補間グリッドとスライダーを設定するためには、新しいツールバーからセットアップウィザードにアクセスします。 新しいマスターコントローラービュー機能を使用すれば、アニメーターは自分のマスターコントローラーをすぐに見つけることができます。 コントローラーを選択して有効にすると、カメラビュー内に即座に表示されます。わかりやすいインターフェイスによって、この強力なツールをより多くの皆様に活用していただけるようになりました。

進化したマスターコントローラー

Harmony Premiumのみで利用可能な機能

パフォーマンスの向上

パフォーマンスの向上

Harmony 16には、クリエイターの生産性を高めるための重要な機能が実装されています。

ローカルキャッシング

Harmony 16では、ローカルのキャッシュを活用することで作業中の遅延を著しく低下させることができます。カットはサーバーからローカル環境にコピーされ、ロードやセーブに要していた時間が短縮されます。

Harmony Serverをお使いの場合のみ利用可能
Harmony PremiumとHarmony Advancedのみで利用可能な機能

インタラクティブ性の向上

インタラクティブなソフトウェアのレンダリング速度が向上しました。 もしプロップが修正されたり、キャラクターやカットにエフェクトが追加された場合、Harmony 16ではカット全体ではなくそのアイテムのみをレンダリングするので、レンダリング時間が大幅に短縮されます。またHarmony 16は、4K映像のレンダリングも高速に行います。


クリエイティビティを刺激する新機能

Harmony 16の新機能を使えば、クリエイティビティが刺激され、撮影作業が容易になります。

ブレノード

ブレノード

Harmony 16の新しいブレノード機能を使えば、自然なカメラのブレを再現できます。ブレの中にスムーズな動きを交え、より自然なエフェクトを実現しましょう。

背景に最適な、トランスフォーム・ループと、タイルオプション

背景に最適な、トランスフォーム・ループと、タイルオプション

新しいトランスフォーム・ループ・ノードを使用すれば、いくつかの簡単なステップだけで、ひとつの背景アニメーションから無限ループするパン映像を生成できます。また、背景をタイル化し、縦方向または横方向に無限に繋げることで、さらに長いパンを作成することも可能です。もう、キーフレームをコピーして何度も貼り付ける必要がなくなります。

Harmonyに3Dモデルをインポートし、レンダリング

Harmonyに3Dモデルをインポートし、レンダリング

Harmony 16では、3Dモデルをインポートし、回転させたりスケールさせ、そのまま2Dイメージに変換することができます。更に、何度でも3Dモデルとして編集し直せるので、効率的なワークフローを維持しながら2D-3Dを活用できます。

重要な点:

  • わざわざサードパーティの3Dソフトを利用して3Dモデルを2Dにレンダリングする必要がなくなります

  • 3Dのセットやプロップを2Dに変換して実際のカットで活用したり、参考画像として使用できます

  • 3Dモデルを2Dにレンダリングすることで、より速いレスポンス速度や再生パフォーマンスを得られます

GIFへの書き出し

GIFへの書き出し

Harmony 16では新たに、カットをアニメーションGIFとして書き出せるようになりました。

Images courtesy of Double Stallion Games

画像提供:Double Stallion Games

フルバージョンのHarmonyを試す

製品版と同等機能のHarmonyを、無期限で存分にお試しください!

今すぐ試す